Google+

いつも気ままに

気になったもの、欲しいもの、お気に入りものを紹介

【カメラ】最高級にして最高峰の一眼レフカメラ「Canon EOS 5Ds / 5Ds R」

Canonからの新発売、35mmフルサイズ約5060万画素CMOSセンサーを搭載した高精細・高画質の一眼レフカメラ!この高精細さは本当にすごいし素晴らしい!

http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5ds/img/index/key-visual.jpg

35mmフルサイズ約5060万画素CMOSセンサー。

キヤノン半導体テクノロジーが可能にした、約5060万画素の解像力。

デジタル一眼レフカメラに望みうる最高峰の解像性能を目指すEOS 5Ds。そのため、新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しました。自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術を駆使。高画素化と高S/N比、広ダイナミックレンジをバランスさせ、有効約5060万画素の高解像力、ISO 100~6400(拡張時L:50、H:12800相当)※の感度域、豊かな階調を実現しています。さらに、偽色・モアレを軽減するローパスフィルターにも解像性能を重視したチューニングを施し、あらゆる被写体への対応力と鮮鋭な画像を両立させました。

[高ISO感度・低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現させる技術]

●新微細化プロセス

光電変換効率アップを図るため、CMOS半導体工程に最新の微細化プロセスを導入。フォトダイオードの開口率を高めた結果、多画素化による画素サイズ縮小にもかかわらず低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現。
●高効率フォトダイオード構造

光電変換効率に優れるフォトダイオード構造の採用により感度が向上。同時に画素内トランジスタも改良することで高S/N比を達成。
●ギャップレスマイクロレンズ

集光効率に優れるギャップレスマイクロレンズを採用。さらにマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短く設計することでも集光効率を向上させ、高ISO感度・低ノイズを実現。
●高画質・CMOS回路

広ダイナミックレンジと高S/N比を両立する低ノイズ読み出し回路の採用により、高ISO感度においても低ノイズを実現。
●高速読み出し

有効約5060万画素の画像信号を16チャンネルで読み出すことにより、連続撮影速度の向上と良好なレスポンスを獲得。

画作り・画像処理システム

約5060万画素と高レスポンスを両立する、デュアルDIGIC 6。

EOS 5Dsは2基の映像エンジンを搭載しています。採用したのは、繊細かつ徹底したノイズ除去、高度な画像処理とカメラ制御を可能にしたDIGIC 6です。有効約5060万画素CMOSセンサーから16チャンネルで読み出した信号を、4チャンネルでA/D変換。14bit の広階調デジタル信号をデュアルDIGIC 6で高速並列処理することにより、超高画素機でありながら一眼レフカメラに求められる機動的な撮影を可能としています。

高速画像処理とシーン解析がもたらす、総合的な高画質化。

デュアルDIGIC 6の高速処理能力を背景に、有効約5060万画素の14bit の広階調デジタル信号に対して初期設定で「高感度撮影時のノイズ低減」「オートライティングオプティマイザ」「レンズ周辺光量補正」「レンズ色収差補正」を施し、高画質を実現しました。また、15万画素RGB+IR測光センサーの採用とシーン解析能力の向上により、「AE」「オートホワイトバランス」「オートライティングオプティマイザ」「ピクチャースタイルオート」などの制御精度がアップ。より多様な被写体に対し、より表現意図に近い画作りを可能としています。

低振動メカ機構

ミラーショックを低レベル化するメカ機構、
ミラー振動制御システム。

これまでと違う次元のカメラブレ対策。一眼レフカメラとしてかつてない解像性能を追求するEOS 5Dsの、重要な開発テーマでした。カメラブレの中でも、最も大きな要因となっているのがミラーショックです。いち早くモーターによるミラーアップと衝突エネルギー減衰機構を実用化したキヤノンは、その発想をさらに展開。ミラーのアップ/ダウンともモーターとカムギアによって駆動と速度制御を行う、独自のミラー振動制御システムを開発。微小振動と画面ブレの発生を抜本的に抑えることで、有効約5060万画素の解像性能を存分に引き出します。

61点高密度レティクルAF

卓越した捕捉性能とピント精度を兼ね備えたAFシステム。

有効約5060万画素の解像性能を引き出すためには、優れたピント精度が不可欠です。61点のAFフレームを高密度で配置するEOS 5Dsは、わずかな被写体の動きにもAFフレームとピントが素早く追従。また、構図に合わせて最適なAFフレームを選択できるため、合焦後の構図調整に伴うコサイン誤差=ピントズレも軽減できます。
[各種センサーの連携により、進化を果たしたAFシステム]

「61点エリアAFセンサー」「被写体検出用・AEセンサー」「AF補正用・光源検知センサー」を連携させることにより、AFシステムの総合性能を大幅に強化(EOS 5D Mark III比)。ピント精度と安定性、柔軟性に優れたAF制御を実現しています。

すべてのAFフレームで、優れたピント精度を発揮。

AFセンサーピッチの微細化と基線長の最適化により、F2.8、F4.0、F5.6のすべてのAFフレームで高精度測距を実現。中央縦5点はF2.8対応で、特にシビアなピント精度が求められる大口径レンズ使用時に効果を発揮します※1。周辺AFフレームも全点2ライン化・千鳥配列とし、細かいパターンに対するピント精度が向上※2。高画素機にふさわしいAFシステムです。

※1 EF50mm F2.5 コンパクトマクロ、EF28-80mm F2.8-4L USMではF5.6クロスセンサーで測距します。
※2 ライン測距は、1点AFとスポット1点AF時のみ機能します。

連続撮影

50.6Mでありながら動体撮影にも対応。約5コマ/秒の連続撮影。

有効約5060万画素の高画質と、一眼レフカメラならではの機動性を両立。CMOSセンサーからの16チャンネル高速読み出し、デュアルDIGIC 6の採用などにより、全記録画質で約5コマ/秒の高速連続撮影を実現しました。連続撮影可能枚数は、JPEGラージ/ファインで約31枚、高速書き込み時はカードフル状態まで連続撮影を継続可能。RAWの場合は約12枚、高速書き込み時約14枚。人物や動体を含む、幅広い撮影領域に対応が可能です。

高性能光学ファインダー

空気感まで伝えるクリアな視野、視野率約100%光学ファインダー。

光学ファインダーは視野率約100%(フルサイズ時)、倍率約0.71倍(視野角34.1°)。フレーミングへのこだわりに応える、広くクリアな視野を実現しました。大型ペンタプリズムと4枚構成の接眼光学系を採用して、諸収差を補正。光軸から視点がそれたときの歪みやケラレを抑制。長時間の撮影でも眼が疲れにくく、被写体に集中できます。アイポイントは約21mm。視度調整機能付きです。

耐久性・耐環境性

マグネシウム合金など上質な素材と構造が生む、高強度ボディー。

高強度かつ軽量、電磁シールド効果や放熱性に優れたマグネシウム合金を主要外装(上・前・後カバー)に採用。本体は、アルミ製シャーシと一体成型した高強度エンジニアリングプラスチックで軽量化を図っています。さらに、ミラーボックスは底面の肉厚ステンレスシャーシで保持した上で本体と一体化。適材適所の素材配置と強固な構造により、振動・衝撃に耐える高剛性と扱いやすい重量を実現しました。また、仕上げには、長期間にわたり使い込んでも品位を失わないよう高耐久塗装を施しています。


キヤノン EOS 5Ds & 5Ds R 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

キヤノン EOS 5Ds & 5Ds R 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

  • 作者: 吉村和敏,米美知子,GOTO AKI,萩原史郎,高橋良輔,高橋真澄,水野秀比古,川北茂貴
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/07/09
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
Canon 超広角レンズ EF11-24mm F4L USM フルサイズ対応 EF11-24L

Canon 超広角レンズ EF11-24mm F4L USM フルサイズ対応 EF11-24L

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応